資源を輸送するパイプライン用鋼材は、距離の延長による高い輸送圧力への耐性が求められ、かつ薄肉化による敷設コストの削減により高強度化が求められています。
 パイプライン用鋼材の破断試験(API準拠)を数値化するDWTシリーズは荷重1000kNを超える衝撃試験の計装化(数値化)を行います。塑性変形、クラック発生荷重やクラック成長エネルギーなどこれまでに得られなかったデータを瞬時にご提供致します。また、ノッチより発生するクラックの成長速度を高速ビデオカメラで捉え、衝撃エネルギーとリンクさせる先進の解析もご提供致します。

■高解像度ピエゾ式荷重トランスデューサー採用。
■API基準対応 ※American Petroleum Institute(米国石油協会)
■高速データ収集が一瞬で発生する衝撃を逃さず捉えます。最高3,000,000データ/毎秒の収集。

DWTTシリーズを使用したアプリケーション例

ラインパイプ用鋼材のDWTT試験(1)

ラインパイプ用鋼材のDWTT試験(2)

バリエーション



DWTT40シリーズ
パイプラインの長大化による高圧輸送の需要によりラインパイプ用鋼材は高強度化され、寒冷地への敷設も進んでいることから低温での優れた破壊靭性も求められます。
DWT40はラインパイプ用鋼材の評価試験であるAPIのDWTT(破断衝撃試験)に特化した専用システムです。1,000,000kNを超える高荷重も計装化により数値データとして捉え、良好な再現性から世界で数十台の納入実績がございます。
DWT40は最大1,000kgの落錘重量と4,200mmの落下高さで最大40,000Jの高衝撃エネルギーが得られるシステムです。
全自動のDWTT試験を行うシステムも提供しております。冷却用バスからサンプルをロボットアームが取り出し、DWTT試験を行います。得られる数値データから良否判定を行い、試験サンプルを選別する全自動システムも世界で既に稼働しております。







DWTT100シリーズ
DWT100は最大2,500kgの落錘重量と4,200mmの落下高さで最大100,000Jの高衝撃エネルギーが得られるシステムです。
全自動のDWTT試験を行うシステムも提供しております。冷却用バスからサンプルをロボットアームが取り出し、DWTT試験を行います。得られる数値データから良否判定を行い、試験サンプルを選別する全自動システムも世界で既に稼働しております。


仕 様



  DWTT40シリーズ DWTT100シリーズ
最大落下高さ  2,500mm
4,200mm 
最大衝撃エネルギー  24,500〜101,250ジュール 
アプリケーション API 5L3に対応した鉄鋼材の破断衝撃試験。高衝撃エネルギーの製品試験
標準落錘重量 1,000kg
2,500kg
最大落錘重量 1,000kg
2,500kg
最大衝撃速度 7.0m/s
9.0m/s
検出センサー ピエゾ式トランスデューサー又は、加速度計(オプション)
装置寸法(mm) W1,300xD1,300xH5,500、7,500 W1,500xD1,500xH7,500以上
装置重量 5,000〜9,000kg


 オプション対応表

DWTT40シリーズ DWTT100シリーズ
温度制御 特別仕様にて製作可能
特別仕様にて製作可能
高速引張試験  不可
不可
圧縮衝撃試験 標準対応 
標準対応 
重複衝撃防止装置 装備可能
装備可能
動的変位測定システム 装備可能
装備可能
高速ビデオ撮影システム 装備可能
装備可能