鉄鋼・樹脂を問わず「ひずみ速度」に依存する衝撃特性は非線形である事が多く、サンプル形状と製品での特性も大きくかけ離れる事があります。高密度な実装を要求される自動車コンポーネントはEV・HV時代を迎えその衝撃特性を把握する事が不可欠です。
 万能型IM10シリーズは冶具の交換により100kNを超える鉄鋼のナックルジョイント破断から数Nのフィルム試験まで対応します。圧縮衝撃試験に特化したIM100シリーズも用意致し、発泡ウレタンの衝撃吸収からエアーサスペンションの耐久試験まで幅広い試験に対応します。

■実際の自動車用シートが収まるほどのサンプル設置チャンバーをご用意。大型の成形品に対応した特注チャンバーも製作可能です。
■動的変位計(オプション)の装備により最高0.5μs速度での変位計測が可能です。
■プラーク、シャルピー、アイゾットや引張衝撃、圧縮衝撃、繰り返し衝撃による疲労試験など1台で多様な試験に対応します。

IMシリーズを使用したアプリケーション例

FI衝撃吸収コンポジットの試験例

ドアミラーの低温特性

炭素繊維強化樹脂の層間強度試験

自動車向け金属材料の評価試験

車体用アルミニウムの衝撃強度評価

金属材料のシャルピー試験

自動車用パーツの衝撃特性

車体用アルミニウムのフローストレス評価

自動車用シートの衝撃特性

塗料による樹脂の衝撃特性変化

バリエーション



IM10シリーズ
IM10はベーシックなサンプル試験から実際の製品による衝撃試験まで1台で対応する万能システムです。
大型の試験チャンバーにより自動車シートやバンパーなどの大型成型品をそのまま試験することが可能で、可変式の落錘重量は数kg~250kgの大きな範囲をカバーします。
高速試験システム(オプション)により最大20m/秒の高速衝撃試験に対応。ストライカの交換により多軸衝撃(貫通衝撃)、圧縮衝撃、引張衝撃、アイゾット、シャルピー試験など様々な試験を可能にします。試験の用途に合わせて加速度計や荷重トランスデューサーなど多種類のセンサーを使用でき、 最大3,000,000データ/秒での高速データサンプリングを行います。データの信頼性を大きく損なう高荷重試験で発生するフレームのたわみを極力なくすため分厚いベースプレートを採用し、金属製品の破断・圧縮試験時に発生する高荷重を精度良く捉えます。測定再現性の高さからカーボン、GFRPなどの複合材料を用いた製品の評価試験や自動車パーツの衝撃試験に多数の実績があります。





IM100シリーズ
IM100シリーズ試験機は圧縮衝撃に特化し、開発された専用システムです。様々なひずみ速度におけるサンプルの衝撃吸収性能や回復性・弾性・疲労特性などを解明します。対応するサンプル例として金属の衝撃吸収体やゴム・発泡体・コンポジットなど幅広い種類の材料に対応致します。衝撃速度のご要望により落下高さを指定頂けます。また、より高速な衝撃速度を得るための高速衝撃オプションにより最大20m/秒 の高速試験を可能にします。試験の用途に合わせて加速度計や荷重トランスデューサーなど多種類のセンサーを使用でき、 最大3,000,000データ/秒での高速データサンプリングを行います。装置は大型サンプル(最大幅500mmまで対応)を格納できるため、トラック用ショックアブソーバーの耐久試験やバンパーの衝撃吸収試験など製品そのものの評価も可能にします。










IM100ツインタワー
IM100ツインタワーは圧縮衝撃試験に特化したシステムで、一般的な材料試験からバンパー等の大型成形品まで多様なサンプルの衝撃吸収性能を解明します。高速衝撃に対応するタワーと265kgの高重量落錘に対応するタワーの異なる特徴を組み合わせることで、多彩な測定条件を実現します。落錘重量の可変範囲は5kg~265kgと広範囲であり、衝撃速度も1m/sから20m/sまで設定する事が可能です。例えば最大重量265kgを使用する場合、約10,000Jの高衝撃エネルギーを与えることが可能です。多様な形状のストライカを装備する事で開発から品質管理まで幅広いアプリケーションに対応致します。試験の用途に合わせて加速度計や荷重トランスデューサーなど多種類のセンサーを使用でき、 最大3,000,000データ/秒での高速データサンプリングを行います。

仕 様



  IM10シリーズ IM100シリーズ IM100ツインタワー
最大落下高さ  1,000〜5,000mm
2,000〜5,000mm
4,000mm 
最大衝撃エネルギー  300〜4,920ジュール 
13,500ジュール
①4,000ジュール ②10,000ジュール
アプリケーション シャルピー、貫通衝撃等の規格試験、引張・圧縮衝撃、製品試験   
発泡樹脂・ゴム・バンパー・衝撃吸収体・鉄鋼製品への圧縮衝撃試験、引張試験 
発泡樹脂・ゴム・バンパー・衝撃吸収体・鉄鋼製品への圧縮衝撃試験、引張試験
標準落錘重量 7〜30kg
15〜50kg 
①5〜40kg ②40〜275kg
最大落錘重量 250kg
275kg
275g
最大衝撃速度 4.4〜9.9m/s(5タイプ)
※オプションにて20m/sも可
9.9m/s※オプションにて20m/sも可 ①8.8m/s ②20.0m/s
検出センサー ピエゾ式トランスデューサー又は、加速度計(オプション) ピエゾ式加速度計又は、トランスデューサー ピエゾ式加速度計又はトランスデューサー
装置寸法(mm) W1,500xD1,000xH3,000 or 7,000 W1,000xD1,000xH6,500 W2,000xD1,200xH5,500
装置重量 2,750〜3,500kg
3,000kg
3,750kg


 オプション対応表

IM10シリーズ IM100シリーズ IM100ツインタワー
温度制御 -80℃〜+250℃
特別仕様にて製作可能
特別仕様にて製作可能
高速引張試験  装備可能
装備可能
装備可能
圧縮衝撃試験 可能※別途ストライカが必用
標準対応 
標準対応 
重複衝撃防止装置 装備可能
装備可能
装備可能
動的変位測定システム 装備可能
装備可能
装備可能
高速ビデオ撮影システム 装備可能
装備可能 装備可能