最も重要で、最も困難な、測定の正確さ。

 精度の向上にはトライアンドエラーから導かれる経験だけではなく試験機の評価技術・センサー信号の精度向上など多岐にわたる項目のアップデートが欠かせません。エラーに関わる要因の最たるものはフレーム強度。発生する荷重が高いほどフレーム強度の欠如はデータに深刻な影響を及ぼします。イマテック社は分厚いベースプレートの採用により、数百kNが発生する高荷重測定でもベースの歪みを抑え、強度不足によるデータへの影響を排除します。
 イマテック社の衝撃試験機は実際の衝撃特性を再現できる落錘式を採用。耐久性に優れており、長期に渡り初期性能を維持します。ストライカの材質にもこだわり、データに影響を及ぼす共振の影響を最小にします。

衝撃特性の解析に必用な試験データの数値化。

 破断したエネルギー値を指標にするだけではなく、どのように荷重が発生し、どのような変位を伴って破断するかを明確にすることが不可欠です。25年以上にわたる計装化(データ数値化)の経験を基に、常に新しい機能・解析技術を提案しています。センサーを接続するチャンネル数は標準4チャンネル、オプション利用で最大16チャンネルをご用意。サンプリング速度は全チャンネルにおいて最大3,000,000ポイント/秒。また、センサー信号に発生するノイズは電気的なフィルターで除去すると本来のデータを大きく損なうため、イマテック社はFFTフィルター(ソフトウェア)による解析機能を採用しています。

個々の衝撃試験ニーズに応える柔軟な対応。

 イマテック社は装置仕様をオーダーメイド化します。例えばIM10シリーズ。与える衝撃エネルギー・速度に合わせ落下高さを1,000〜5,000mmの範囲で選択頂けます。また、試験チャンバーの寸法もカスタム製作が可能で、カーシートやバンパーなど大型製品への試験を可能にします。