自動車用シートの衝撃特性

カテゴリー:自動車部品

◎試験内容:自動車用シートの衝撃吸収性能試験 ◎使用装置: IM10シリーズ ◎オプション:頭部形状ストライカ
◎ユーザー:自動車シートメーカー(フランス)

自動車用シートに使用される発泡ウレタンは適切な衝撃エネルギーの吸収が求められます。衝撃時に発生する荷重が高すぎると身体へのダメージが大きくなるため、できる限り発生する荷重を低減し、なおかつ大きな変形でエネルギーを吸収することが求められます。
様々な発泡倍率のウレタンをサンプル形状で評価し、最終的には自動車シートそのものでの使衝撃吸収試験を実施します。

試験チャンバーは十分なスペースがあるため、実際の自動車シートをセットし、頭部に模した先端半球状のストライカで衝撃試験を行います。
発生する荷重・変位を捉え、それらのデータより衝撃吸収エネルギーを算出します。

頭部形状のヘッドストライカによりクッション材の 衝撃吸収性能を試験。

10m/sの速度で実施。良好な再現性が得られています。

最適な衝撃吸収性能を持つウレタンの選定を行いました。