HOME > アプリケーション例 > 車体用アルミニウムのフローストレス評価

車体用アルミニウムのフローストレス評価

カテゴリー:自動車部品

◎試験内容:車体用アルミニウムの圧縮衝撃によるフローストレス評価 ◎使用装置: IM10シリーズ
◎オプション:フローストレス評価・圧縮試験冶具 ◎ユーザー:研究機関(イギリス)

車体用アルミニウムの選定。
円柱状のアルミニウムサンプルに圧縮衝撃を与え、データからフローストレス特性を評価します。高速での引張試験データと合わせて、車体に最適なアルミニウムの選定を行います。

圧縮試験専用に冶具に円柱状サンプル(直径:10mm程度)をセットし、速度を変化させることで様々なひずみ速度のフローストレス特性を解明します。
試験時に発生する熱の影響を僅少にするため、試験片をセットするアンビルにはヒーターがセットされます。また、ヒーターの熱が伝わり温度分布が発生しないよう、アンビルはコンポジットで製作されています。

グラフは試験データの一例で、5回の測定を行い、良好な再現性が得られています。
材料の評価を行い、高速引張のデータと合わせ最適な材料の選定を行いました。